通常マッサージ方法には「即効性が期待できるもの」

マッサージを受けて思ったこと3つ

肩こりがひどくて首も肩も背中も痛い。そんな時、私はマッサージを受けに行きます。
いくつかのマッサージ店に行き、私が思ったことをまとめてみました。

 

■マッサージは横になって受けたい
いくつかのマッサージ店に行きましたが私が感じたことの1つは「横になれるところがいい」ということです。お店によっては座った状態でマッサージを受けることができるお店もありますが、リラックスできません。せっかく安くはないお金を払ってマッサージを受けるのだから体の力を抜いてリラックスした状態でマッサージしてもらいたいです。座ってマッサージを受けたときは終わっても筋肉のこわばりが抜けませんでした。

 

■主張は大切
マッサージを受けていると「力加減は大丈夫ですか?」「気になるところはありませんか」と聞かれます。気持ちよく体をほぐされている最中に聞かれるとつい「大丈夫です」と言ってしまいがちですがここで「もうちょっと強めで」など主張できるかどうかで終わった後の体の軽さがまるで違います。自分の体の調子は自分が一番分かります。マッサージを受けに来た理由を思い出して自分の要望をしっかり伝えることが大切です。

 

■指名は活用した方がいい
何度かマッサージを受けに行くと自分の体にあっている人が分かってきます。そうなったら指名を活用することをお勧めします。私の場合は男性より女性にほぐしてもらう方が力加減などよかったので女性の方を指名していました。同じ方を指名していると自分の体の癖や凝りやすいところなど把握してもらえるので効率よく体をほぐしてもらえるので限られた時間を有効利用してもらえます。

 

マッサージは本当に気持ちがいいです。体の凝りをかかえて辛い方は1度行ってみることをお勧めします。終わった後は体が軽くなって気分も前向きになりますよ。